あなたはここにいる:ホーム > ニュース > 聖州動態
聖州動態

特許出願の5段階はそれぞれ何ですか。

時間を加えなさい:2022-11-07 14:03:24   ビュー:     【 素晴らしい スモール 】   印刷   クローズ

01、受理段階
専利局は専利出願を受け取った後に審査を行い、受理条件に合致すれば、専利局は出願日を確定し、出願番号を与え、しかも書類リストを確認した後、受理通知書を発行し、出願人に通知する。
02、初歩審査段階
受理された特許出願が規定に従って出願費用を納付した場合、自動的に初審段階に入る。初審前の発明特許出願は、まず秘密保持審査を尽くし、秘密保持が必要な場合は、秘密保持手順に従って処理する。初審において、出願に明らかな欠点があるかどうかを審査するには、主に審査内容が『特許法』において特許権を付与しない範囲に属するかどうかを含み、技術内容が明らかに不足しているかどうかは技術案を構成することができず、単一性が不足しているかどうか、出願書類が整っているかどうか及びフォーマットが要求に合致しているかどうかを含む。
03、公表段階
特許出願は初審合格通知書を発行してから公布段階に入り、出願人が早期公開の要求を提出していない場合は、出願日から18ヶ月を待って公開準備プログラムに入る。出願人が事前公開を要求した場合、出願は直ちに公開準備プログラムに入る。フォーマットの検討、編集校正、コンピュータ処理、組版印刷を経て、約3ヶ月後、特許公報にその明細書要約を公表し、明細書単行本を出版した。出願が公布されると、出願人は一時保護の権利を得た。
04、実質審査段階
特許出願が公布された後、出願人が実質審査請求を提出し、発効した場合、出願人は実質審査手続に入る。出願人が出願日から3年を経過しても実審請求を提出していない場合、または実体審査請求が発効していない場合、出願は取り下げられたものとみなされる。
05、授権段階
もし発明特許出願が実質審査を経た後、却下された理由が発見されなかった場合、審査官は授権通知書を作成し、出願は授権登録準備に入り、授権テキストの法的効力と完全性を検討し、特許出願の記録項目を校正、修正した後、特許局は授権通知書と登録手続き通知書を発行し、出願人が通知書を受け取った後、2ヶ月以内に通知された要求に従って登録手続きを行い、規定された費用を納付し、期限通りに登録手続きを行わなければならない場合、特許局は特許権を付与し、特許証明書を発行し、特許登録簿に記録し、2ヶ月後に特許公報に公告し、規定に従って登録手続きを行うために、特許権を取得する権利を放棄したとみなす。

前:発明特許の出願手続きは?  次:南アフリカ特許出願最新政策
トップに戻る
オンライン相談